衣替えの際にぎっくり腰に 松戸で急性腰痛が得意な整体院

松戸からぎっくり腰でご来院のTさんは普段は頭痛が辛くなることが多いのですが今回は衣替えでクローゼットの片づけを行う時に腰をひねってしまい「腰をグキッて痛めた」とのことです。

当日は当然ですが2日たっても痛みが引かないので「こんな時(自粛要請中)にスイマセン」と前置きをされてのご予約でした。

身体の痛みへの施術は不要でも不急でもありません、特に急性症状であれば尚更です。

わくわく回復整体院ではご来院者様毎の手指やドアノブの消毒はもちろん溶液を使用した加湿器での空間除菌や終業後のオゾンによるイン全体の殺菌を徹底して皆様をお迎えしていますので必要な時には安心してご来院ください。

 

肝心のお身体の状態はというと特に前屈みが痛む状態で朝お顔を洗ったり靴下を履くのが大変という事です。

骨盤の方向はいつもと同じで筋肉の緊張もそれほど強くないのですが第3腰椎だけ他と違う方向に捻じれていました。

これでは前後の椎骨との関節に負担がかかり滑らかに動くことが出来ません。

元々腰椎は構造上捻る動きは苦手(腰の回転と思っている動きは主に股関節と胸郭とで行われています)なのですが腰椎カーブの頂点にあるこの骨は筋肉の影響での捻じれが出やすいポイントなのです。

 

最初はベッドに横になるのも怖々でしたがうつ伏せでの矯正を終えて仰向けになる時にはずいぶん動きがスムーズになり寝たところでも「仰向けが楽になった!」を喜ばれていました。

腰を痛めてから2日間はどの姿勢でいても落ち着いて寝る事も出来ず寝返りを打つたびに痛みで目が覚めていたという事でした。

 

矯正後は前屈の痛みも半減し歩く歩幅も大きくなりました。

強く痛めた後なのできっちり落ち着けるために2~3回の通院は有った方が良いですがポイントの反応はしっかり出ていたので大きくぶり返すことは無いでしょう。

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

この記事に関する関連記事