スキーで痛めた右腰が日々痛くなる。松戸で腰痛矯正が得意な整体院  

 

右腰から股関節周囲の痛みと痺れ感が日に日に強くなり柏からご来院のSさん。

きっかけは年末のスキーで転倒し腰に鈍い痛みを感じたことのようです。

当初は「数日で良くなるだろう」と様子を見ていたのですがどんどん痛みが強くなりご自宅近くの整形外科や整骨院にいったところ、レントゲンなどの検査は異常が見当たらず電気治療でも痛みが軽減しなかったのでスキー仲間のお友達の紹介でわくわく回復整体院にいらっしゃいました。

 

もともと体は強く病院にもほとんど行ったことが無い、というSさん。初めての整体院ということでずいぶん緊張されていたようでした。

後で伺ったことですが整体というと強い刺激でゴリゴリバキバキするところ、という印象をお持ちで「歩くにも体が傾くほどの状態でそんなことをされて大丈夫なのか?」と心配だったとのことでした。

ところが当院で施術を受けていただきこんなゆらゆら揺らしたりさすったりの整体で本当に良くなるのか?と逆の心配をされるようになりました。

その後施術が進むにつれ腰の痛みが和らぎ右足が軽くなるのを実感でき安心しましたが今度は強い眠気に襲われずっと我慢をされていたようです。

 

寝ていても寝返りを打つたびに腰から足に走る痛みで目が覚める状態が続いていたので痛みの軽減とともに眠気が顔を出したのでしょう。

痛みが強い方ではよくあることですが「そういう時は無理をせず寝てしまって大丈夫ですよ」とお伝えしました。

 

お身体の状態としては右側の仙腸関節(骨盤の関節)の動きが非常に悪くなっていてその歪みに伴い腰仙関節(背骨と骨盤をつなぐ関節)も右側が強く締まっていました(この関節のすぐ前を坐骨神経の一部が走行する為坐骨神経痛を引き起こす一因にもなります)。

 

調整後は「嘘みたいに良くなった」と喜んで頂けましたが施術前のバランスの乱れが強かったので「よほど酷く転びましたか?」と質問するとスキーといってももっぱらバックカントリースキーが専門で何度かこういう事もあったみたいです。

「今までは3日もすれば良くなったんだけどやっぱり年かな?」と仰るSさん。

50代半ばで私より年は上ですが腕も足も1周り以上太くてトレーニングも欠かさないとのこと「もちろん高校生のようにはいかないですが適切なメンテナンスを行えばまだまだ大丈夫ですよ」と言うと「そのセリフに納得したあたりがやっぱり年だね。」と笑いながらお帰りなりました。

ハードなスポーツなのでやはり万全を期して臨んでいただきたいですね。

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

この記事に関する関連記事