原因不明の腰痛が3回で卒業 松戸で腰痛矯正なら

突然の腰痛で埼玉県三郷市からお越しのoさん。

普段は腰の痛みは感じていないという事ですが4日ほど前から右腰から腿にかけての痛みがだんだん強くなってきていて特に座っている時にはじっとしていられないくらい痛むそうです。

特に原因と思われる作業やきっかけは無くご本人としても「???」といったご様子です。

検査の段階では座っている姿勢とは別に伸展(腰を反らす動きでの痛みが特に強く出ていました。

 

ベッドで触診を行うと仙骨(骨盤の真ん中、背骨の土台の骨)とその上にある第5腰椎が逆向きに捻じれていました。

通常この2つの骨は腸腰靭帯などの影響で同じ方向に向きやすいのですがこの状態では痛みが出て当然です。

また腸腰筋(腰椎の前面と腸骨から始まり大腿骨小転子に付着する大腰筋、腸骨筋という2つの筋肉の総称)の緊張も強く典型的な腰痛の1パターンが出ていました。

体全体としても右半身に負担がかかりやすいバランスが出ていましたので施術はそこからスタート、仙骨と第五腰椎の歪みを取り、全身を調整した後確認すると腰の痛みは静止時、伸展時はほぼ無し、但し施術前と逆の屈曲(前屈み)での違和感が少しありました。

 

1週間後の2回目の施術前には腰は自覚症状無し、バランス的にはやや前回の名残がありました。

実は前回もあったのですが首を右に捻った時に痛みを感じるとのことです。現在は問題を感じていないという事ですが以前は肩こりが酷くて大変だったようです。

初回の施術時にも「腰は早く良くなりますが肩の方が歴史が長いですね」とお話しした通りこちらの方が歪みの戻りが大きかったです。

施術後には可動域の最後で痛みではなく違和感を感じるところまで軽減しました、

基本的には初回と同じ矯正を行い1週間後の本日、この2週間腰は全く痛み無し、首は限界まで右に捻ると違和感が出るといったところでした。

矯正後はどこも問題なし、主訴であった腰のバランスもしっかり安定していましたので3回目でご卒業となりました。

早い段階で痛みが無くなり良かったですね。

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

この記事に関する関連記事