産後骨盤矯正ダイエット

ただの骨盤矯正を選んでいませんか?今だから必要な産後骨盤ダイエットとは?

産後骨盤矯正ダイエットは、ご出産のときにホルモンの影響で開いた骨盤をスムーズに元の状態に引き締め、安定させるための専門の骨盤矯正です。

 

通常時の骨盤は、様々な靭帯で周りを囲まれしっかりと固定されているのですが、お腹が大きくなりはじめる妊娠5~6ヶ月頃からリラキシン(子宮弛緩因子とも呼ばれ卵巣などから分泌される)というホルモンの影響で骨盤の上の方から徐々に開いてきてお腹の中の赤ちゃんの成長に対応していきます。

 

そして臨月までに大きくなったお腹を支えていた骨盤は、出産が始まると大量のリラキシンの分泌により靭帯とともに前方の恥骨結合が大きく緩み、産道を作っていきます。

 

この作用のおかげで頭の幅が8~10㎝もある赤ちゃんが生まれてくることが出来るのですが、困ったことに三角形だった骨盤が四角形になりお尻が大きく余分なお肉がつきやすい体型になってしまうのです。

 

本来は出産後、数日~数週間でリラキシンの放出が無くなり、緩んだ骨盤が締まってくるとともに骨盤も三角形に戻るようになっています。

しかしご出産時の負担が大きかったり、妊娠中の筋力の低下、産後も赤ちゃんのお世話や家事などを頑張ってしまう事で、広がったままの状態で骨盤が固まってしまう事になってしまうのです。

 

・産後骨盤矯正ダイエットはこの広がった骨盤をホルモンの影響が残っているうちに本来の位置に矯正し安定させていきますので次の妊娠~出産まで骨盤が開くことはありません。

 

・また、過去の骨盤の問題なども修正し、正しい姿勢やバランスを手にすることで、妊娠前よりもキレイになれる最大のチャンスでもあります。

 

対して一般の骨盤矯正とは、生活習慣やスポーツ、ケガなどによる関節の歪みを整えることで痛みや可動域の低下などの改善を図るもので定期的なメンテナンスを行う事で最大限の効果を発揮します。

どちらも大事なのですが・・・

ご出産後のあなたに

今必要なのは

どちらの骨盤矯正でしょうか?

 

こんな出産後の症状にお悩みではありませんか?

もう大丈夫です!

あなたと同じ出産後の症状でお悩みの方が、

松戸わくわく回復整体院の施術で改善しています。

産後骨盤矯正でお世話になりました。引っ越して少し遠くなったけど腰周りが細くなったのでやっぱり来てよかった

山本様

出産語の慣れない育児と抱っこのしすぎで肩・背中・腰・膝が痛く体が硬く緊張状態でした。ゆらゆら動かしていただき、全く痛くなくかえって気持ちいいくらいなのに終わったあとは体の硬さやこり、痛みが和らぎおどろきました。時間が許せば定期的に来たいと思います。

 

カウンセリング

ご出産からの期間や妊娠前と比べて気になるポイントなどをお聞きします。

貴女の「こうなりたい!」を教えて下さい。

もちろん痛みや不調なども遠慮なく伝えて下さい。

 

 

 

検査

 

今のお体の状態を確認させていただきます。

骨盤や背骨の歪みや本来のバランスとの差、可動域などをチェックして施術方針を確定します。

 

 

ベッドでの施術

 

骨盤の歪みや重心のブレ、抱っこや授乳によるママ特有の歪みやお疲れを優しい施術で整えていきます。

また妊娠後期に移動した内臓へのアプローチや産後専用に開発された胸郭ベルトを使用する事で産後のお身体をトータルサポートします。

 

 

矯正後のチェック

 

事前の検査に照らし合わせ施術の効果やお身体の反応を確認することで今後の施術プランの参考にします。

 

 

秘密のプレゼント

こんな簡単なエクササイズやちょっとしたコツで更に効果が上がるなんて!
キレイを維持する大切なヒケツをご来院のあなたに直接お伝えします。

Q1

【産後骨盤矯正ダイエット】

はいつから受けられますか?

 

A

出産後最短2週間~6ヶ月までのスタートが理想的です。(帝王切開の場合は2ヵ月~)

産後骨盤矯正ダイエットは、出産2週間後から始められます。

※骨盤は出産~子宮収縮後早ければ早いほど矯正しやすく2ヵ月以内でのスタートが理想です。ただし、産後に激しい腰痛などで日常生活や育児に支障をきたしている場合はご相談ください。 産後骨盤矯正ダイエットは出産時に放出されるホルモンの影響との関係で原則として産後半年以内、最大でも産後9ヶ月迄のスタートとしています。 それ以上の時間が経過しているときは通常のカイロプラクティックコースか全身整体コースをオススメしています。

お悩みの際はお気軽にご相談下さい、お体の状態を拝見した上でどちらのコースが合っているかご説明させていただきます。

 

 

Q2

産後は骨盤の靭帯が緩んでいるから矯正は必要ないと言われたのですが? (他の院で骨盤が開いていないといわれました)

 

A

矯正=骨格を緩める、と勘違いされているようです。骨盤矯正とは正しい位置に導き安定させるために行う手法です。緩めるもの、締めるもの、動きを調整するもの、安定させるものなどを使い分けます。 また出産で骨盤が開かないことはありません、帝王切開でご出産された方でもホルモンの影響は出ていますので産後骨盤矯正ダイエットの効果に驚かれます。 産後骨盤矯正ダイエットの最大の目的は出産で開いた骨盤を引き締める事ですが同時に靭帯が緩んで歪みが出やすい時期なので歪みを取るための骨盤矯正も重要です。 どちらもしっかり行うことで妊娠前の体形よりきれいにすることも可能になります。

Q3

赤ちゃんを連れていけますか?

 

A

院内ベビーカーOKなので赤ちゃんもママも安心してご来院ください。
また施術中は危険が無いように女性スタッフがお子様を見ていますのでご安心ください。

Q4

 産後、体重は戻ったのに体型が戻りません!

 

A

出来るだけ早く産後骨盤ケアを始めましょう。産前+2~3Kg位であれば、ほとんどの方が以前のズボンがはけるようになります。

体重が戻っているのならばキレイな姿勢を取り戻せばもっと効果が出ますので楽しみにしてください。

Q5

どれくらい通えば良いですか?

 

A

産後骨盤矯正ダイエットの目安として 最初の4回は週1回、5~6回目は2週間間隔の2ヵ月間計6回で出産後の開いた骨盤を引き締めます。  

もちろん個人差がありますので上記は目安になります。

状態が著しく悪かったり妊娠前から大きく体重が増えてしまっている場合などはその方に合わせたペースをご提案いたします。

Q6

しばらくしたらまた骨盤が

開いたりしませんか?

 

A

【産後骨盤矯正】は妊娠~出産で開いた骨盤を閉じる専門の骨盤矯正です。 次の妊娠や出産まで骨盤が開くことはありません。 (日常生活による歪みに対するメンテナンスは別になります)

Q7

産後の尿漏れ・尿失禁は【産後骨盤矯正ダイエット】で治るのですか?

 

A

産後1~2割の方は尿漏れで悩んでいるといわれます。 これは、骨盤の開きとともに骨盤底筋群が緩み、尿道を締めつけることができない状態で咳・くしゃみ・抱っこなどお腹に力が入ると起きやすくなります。 産後の尿漏れに対して【産後骨盤矯正ダイエット】はとても効果的です。

 

 

Q8

産後骨盤矯正ベルト(トコちゃんベルトなど)や産後ガードルは効果的ですか?

 

A

もちろん有効です。が残念ながら全ての方がそれだけで万全とはいかないようです。 産後骨盤矯正ダイエットと併用されることでより効果が期待できます。 (それぞれの製品の使用方法を守ってご使用下さい)

いつもキレイで元気なママでいてほしい

産後骨盤矯正ダイエットの適応期間(ご出産~半年)というのはホルモンの影響で緩んでいた靭帯が徐々に戻っていく時期になります。

本来は何もしなくても元のキレイな骨盤の姿になるはずなのですが、

・出産時の強い圧力による形の変化

・まだ不安定な状態で行う出産後の育児や家事による負担

・妊娠前からの姿勢の悪さや骨盤の歪み

・妊娠中の運動不足による骨盤底筋群の緩み

などによりきれいに元に戻らず時間の経過とともに歪んだ状態のまま固定されてしまう事が多く見られます。

特に2人目、3人目とご出産を重ねるとその傾向は強くなっていきますのでなるべく早いタイミングでキレイな骨盤を取り戻しておくことをおすすめします。

元々あった歪みも取り去り妊娠前よりもキレイになる今しかないチャンスでもありますのでお悩みやご相談などありましたらお気軽にご連絡ください。

松戸わくわく回復整体院

〒271-0077千葉県松戸市根本8-15 高木ビル201