モートン病

新型コロナウィルス対策 松戸わくわく回復整体院

こんなモートン病の症状にお悩みではありませんか?

辛いですよね。
でも、もう大丈夫ですよ。あなたと同じモートン病に悩んでいた人が
当院の施術で改善されております。
まずは当院の施術を受けてモートン病が改善された喜びの声をご覧下さい。

いかがですか?
きっとあなたの症状もこの方たちと同じように改善に向かいますよ。
そのためにもまずはあなたが苦しんでいるモートン病について理解しておく必要があります。

そもそも、「モートン病」とはどういう症状なのか

モートン病女性に起こりやすく、男性の8~10倍ほどかかりやすいとされています。

特に30代以降に多くみられますが、生活様式の変化などにより最近では20代の女性にも増えてきています。
ランニング、ハイヒールの靴などで負荷をかけると痛みが生じる事が多いです。

足の裏は毎日体を支えているので、徐々に変形(扁平足や開張足など)を生じやすくなってしまいます。

加えて、中腰やつま先立ちでの作業、長時間のランニング、ハイヒールの常用などによって、足の甲の骨(中足骨)を安定させる靭帯(深横中足靭帯)の裏を通る神経が地面との間で圧迫されることや周囲の軟部組織の炎症により起こる神経障害で痛みが発現します。

またその近く(足指の根本近く)に仮性神経腫という痛みを感じる瘤状の塊が出来る事もあります。
中指と薬指の間に最も痛みが出やすいですが人差し指と中指の間や薬指と小指の間が痛むこともありますしふくらはぎに痛みを感じる方もいます。

重症化すると地面に足を着くことも出来なくなるほどの痛みになります。

 

モートン病の症状が出やすい方

・サイズが合っていない靴ハイヒールをよく履いている人

・偏平足(土踏まずがない)や外反母趾の人

・長時間のランニングをしている人

・立ち仕事や歩き仕事の人

歩行にも影響する為に、放置していると、膝の痛みや腰痛、肩のコリなどの原因になってしまう事もあります。

病院やよくある整骨院・整体院での一般的な対処法

【保存療法】

◆ハイヒールの禁止

◆つま先立ちを控える

◆歩く時間を減らす

◆足底挿板(インソール)

◆消炎鎮痛剤の内服

◆ステロイド注射

などで痛みに対処することが多いようです。

 

軽い症状であればこれらで改善されることもありますが、

→お仕事などで安静が難しくすぐに痛みが戻ってしまう

薬があまり効いてくれない

→注射の後は痛みが薄れるけど・・・・

とお悩みの方も少なくありません。

 

【手術】

重症例においては手術も検討されます。

 

①  神経の圧迫を除く手術

②  傷んだ神経を取り除く手術

 

がありますが神経を取り除く手術の方が多いようです。

術後2週間程度でつま先を付いて歩けるようになりますが、②の場合神経を取り除くので、その先の感覚が無くなってしまいます(その事の違和感については個人差が強いようです)。

以上のようなものがあります。
ですが、なかなかこれでは改善していないのが実情です。
では、どうしてあなたのモートン病は改善しないのでしょうか?

なぜならモートン病の

本当の原因は

身体が歪んで

足に不自然な負荷が

かかっている

ためだからです。

特に骨盤・足根骨の歪みが影響しています

足には体を支えながら移動するという働きを行うために沢山の骨がありその作りは複雑でとても精巧です。

しかし姿勢が悪かったり、体の使い方のクセなどからバランスの乱れが生じると、左右の足の長さの差や重心のズレ、歩行時の関節の動きの微小なズレがおこります。

それを繰り返すことで特定の部位に負担がかかってしまい、痛みの原因となります。

 

ではなぜ当院ではモートン病に対応することができるのか?

当院では、最初に骨盤や脚全体の状態やバランスを確認して

・歪みの有無、キレイな重心がとれているか?
・股関節や膝、足首の動きに捻じれが出ていないか?

のチェックを行いその後で痛みが出ているポイントを調整することで足部にかかる負担を軽減させます。
その場の痛みを取るだけでなく「何故そこに負担がかかるのか」を特定することで、1日でも早い回復と痛みを繰り返さない体を取り戻していくのです。

また、歩き方や日常動作のクセを無くすための提案も同時に行っていきます。

施術ポイント1 骨盤

お身体全体のバランスを整え脚長差や重心の乱れなどを無くすことで足の裏がキレイに接地できるようにします。

その結果、 足の裏がキレイに地面につき、立ち姿勢や歩く時に本来の部位に負荷がかかるようになります。

施術ポイント2 足根骨

足首~足のアーチのキレイな形を取り戻すためです。

施術を行うと元々備わっている足の裏のクッション性を取り戻し、1歩1歩の負担が減っていきます

その結果組織の負担が無くなり、回復に向かうようになります

施術ポイント③  足底

長く圧迫された組織や、炎症を起こしたところには組織間や皮膚に癒着が出来ます。

癒着があることで体液の流れや組織間の動きが悪くなり痛みの原因になります。

専用の施術でその癒着を剥がすことで組織間の動きがスムーズになりリンパなどの循環も良くなります。

その結果、多くのモートン病にお悩みの方を改善に向かうお手伝いを
させていただくことができました。

なぜ?松戸わくわく回復整体院が選ばれる4つの理由

理由1

痛みのない専門の手法で

 関節の歪みそのものに直接アプローチできるから

痛いところをさらに治療の痛みで我慢するのはイヤですよね。当院の矯正は脳の反応を使って自然治癒力を引き出すことで身体を根元から元気にしていく整体法です。

ゆらゆらと優しく体を揺らしたり矯正専用ベッドでの刺激の少ない手法で骨盤の歪み、ねじれを整え脳の反応にアプローチします。

理由2

★痛みの原因をとことん追究して施術方針を決めるから!

当院の施術は痛みが出ているところだけを見るのではなく問診、視診、触診、筋力検査、腱反射、整形外科的検査法など、必要な検査から痛みの原因を探すことから始まります。

理由3

★全身のバランスを毎回調整して、痛みの部位だけではなく根本改善に努めるから!

私たちの施術の目的は今の痛みをとることだけではなく痛くならない体を手に入れる事です。その為に毎回必ずお体全体のバランスのチェックと矯正を行います。

理由4

★待ち時間のない 予約制!時間を有効に使えるから!

お仕事やお子様のお世話、忙しい毎日の中では時間管理が大切ですね。

予約制の当院では、お待たせすることなく施術を受けていただけます。

カラダの専門家としてテレビや新聞、ネットでも紹介!

慢性化したモートン病の痛みを取りきるにはセルフケアや、痛み止め、インソールだけでは難しいのが現状です。

それは本当の原因が単純な中腰の作業やハイヒールの常用、ランニングなどによる負担なのか、骨盤の歪みからくる重心の乱れに起因するものなのか、過去の捻挫や骨折などによる外傷後の足部の骨格の歪みや動きのクセにあるのか、それらが複合した結果による組織の硬縮による血行不良なのかわからないと根本的な対応が取れずに一時的な対処しか出来ないからです。

そういった状況では一旦痛みが無くなっても少しの負担で再発する可能性も高くなってしまいます。

当院にはどこに行ってもモートン病の痛みがとれない、とお悩みの方がたくさんご来院になられています。

痛みのある足はもちろんですが必ず全身のバランスからチェックしていき関連する関節や筋肉、皮膚、そして各組織間(ファシア)まで確認することで隠れている原因を探し出しそれぞれに最適な施術を提案しています。

モートン病の診断を受けたが痛みがとれない、痛みが強くなってきた、一度は良くなったが再発してしまった、とお困りの方はぜひご来院ください。

一緒に痛みが無い当たり前の生活を取り戻しましょう。