起立性調節障害

新型コロナウィルス対策 松戸わくわく回復整体院

大切なお子様の症状について

 

夜は元気でいるのに朝には症状が強く出て起きられないことから「学校嫌い」「怠けている」と勘違いされることが多い症状です。

 

ですが実際には自律神経のバランスの乱れ等により身体、特に脳への血流が不足することで起こっていることなのです。

 

起立性調節障害は精神的なものではなく身体疾患であり本当は朝から元気に学校に行きたいと思っているお子さん本人が誰よりもつらい思いをしているはずです。

 

当院ではお身体のバランス、特に頚椎の歪みや自律神経が支配する内臓等へのアプローチを行い思春期の貴重な期間を少しでも充実して過ごせるようお身体の機能面からサポートしています。

こんな起立性調節障害の症状にお悩みではありませんか?

辛いですよね。
でも、もう大丈夫ですよ。あなたと同じ起立性調節障害に悩んでいた人が
当院の施術で改善されております。

そもそも、起立性調節障害とはどのような症状なのか

起立性調節障害は10~16才位の年頃に多く見られる、朝起きた時に不調を感じたり立ちくらみや動悸、メマイなどを起こしやすくなる症状です。

自律神経(交感神経と副交感神経)のうち交感神経活動のバランスが崩れたことにより脳の血流が不足し特有の症状を起こすようになります。

「起立性」というように特に起き上がる際に症状が出やすいことが特徴の1つです。

本来、立ち上がる時には交感神経の働きで血圧が上昇し脳への血行を維持するのですがその機能がうまく働かないことで血圧が低い状態になり不快症状を引き起こします。

小学校高学年から増え始め中学生~高校生に最も多く見られます。

軽症を含めると小学生の約5%、中学生の約10%に発症し男子より女子が1.5~2倍ほど多くその半数近くに遺伝傾向があるとされています。

 

発症の原因ははっきりと分かっていませんが

・交感神経の過度な使用や不使用(特に夜間のゲーム、スマホやテレビ番組などで必要以上の興奮状態が継続したり何もしない日々が長く続いたりすると調節機能が衰えてしまいます)

 

生活リズムの乱れ

 

・水分の摂取不足

 

などが関係していると言われています。

 

さらに日常の運動量の低下から筋力低下と自律神経機能の低下を引き起こしたり、体がつらいのに学校に登校しなければいけないなどといった心理社会的ストレスが症状の悪化や長期化を促すこともあるために注意が必要です。

 

 

起立性調節障害は以下の4つに分類されます。

 

①  起立直後性低血圧

   立ち上がった直後の血圧の回復が遅くなる

 

②  体位性頻脈症候群

   血圧は回復するが心拍が上がったままになる

 

③  神経調節性失神

   立っている時に急激な血圧低下で失神する

 

④  遷延性起立性低血圧

   立っていると次第に血圧が低下し失神する

 

以前は思春期の一時的な生理的変化とされていましたが近年、重症例では自律神経による上半身、特に脳への循環障害が確認され長期にわたる学校生活やその後の社会復帰に影響することが報告されています。

 

統計により差がありますが体調不良を伴う不登校の40~70%に起立性調節障害が併存するとされています。

 

病院やよくある整骨院・整体院での一般的な対処法

薬物療法では効果が出にくい為、まず日常生活や動作を変えるよう指導されます。

・立ち上がる時には頭を下げたままゆっくり立ち上がる、

・動かずに立つのは1~2分以内に抑える

・長く立たないといけないときは脚をクロスさせる

・1日30分程度のウォーキングをする

・1日2ℓの水分と10g程度の塩分を摂取する

・夜は眠くなくても早めに横になる

など

その後症状に応じて血圧調整薬やカウンセリングが行われることがあります。

 

もちろんそれ自体は良いのですが起立性調節障害を発症すると日常の活動量が大幅に少なくなります。
その状態が続くことにより筋力や自律神経の機能がさらに低下することで脳への血流が減少して症状が長期化すると重症化のリスクが高くなるのです。

軽症例であれば2~3ヶ月で治まることが多いのですが重症化すると復帰までに2~3年という長い期間がかかることもある病気です。

 

以上のようなものがあります。
ですが、なかなかこれでは改善していないのが実情です。
では、どうしてあなたの起立性調節障害は改善しないのでしょうか?

なぜなら起立性調節障害の本当の原因は

頭への血流を良くする

準備が出来ていない

ためだからです。

 

一番のポイントは首の筋肉の緊張の原因になる頚椎の歪みを取りきることになります。

ただそのためには

 

姿勢が悪く骨盤が後傾している

猫背や巻肩になる

胸郭の動きが悪くなり内臓も圧迫される

呼吸が浅く血行が悪くなり、頭も前に出る

首の負担が増え自律神経にも影響する

 

といった悪い連鎖を断ち全身のバランスや姿勢をキレイに整える(戻す)必要があるのです。

それが無い状態でお薬や体の表面的な調整ではその場は良くても再発の可能性が増えてしまいます。

 

当院には1日でも早く朝から元気で過ごせるようになるために出来る事があります。

 

ではなぜ、当院では起立性調節障害に対応することができるのか?

それは

外(姿勢矯正)と中(内臓調整)からお身体を整えることで、自律神経機能や血圧のコントロールをスムーズに行えるよう体質自体を変えていくからです。

起立性調節障害の診断を受けたりその疑いがありご来院されるお子さんのほぼ全てに姿勢やバランスの大きな乱れがみられます。

 

この体の歪みが自律神経に負担をかけているので、まず全身のバランスを整えその方本来の自然な良い姿勢を思い出すことが回復への第一歩になります。

 

特にストレートネックは症状との関係が深い為、より精度の高い施術が必要です。

 

また姿勢の悪さから呼吸が浅くなったり内臓が不要な圧迫を受けたりと自律神経機能に直接関係する問題が出ていることも多いのでこちらも注意が必要です。

 

当院では骨盤~背骨を中心に、ゲームやスマホなどの利用で起こる「小さな動きのブレ」が出やすい手首や指を含めた全身の骨格バランス、正しい呼吸に必要な胸郭(肋骨で囲まれた胸の籠)の機能、偏った姿勢で圧迫された内臓の状態まで調整したうえで首や頭部の施術を行うことで本来備わっている身体の調整機能を取り戻し根本原因からの対応と再発の予防に努めています。

 

施術ポイント1 骨格のバランス

 

【ココを施術する理由】

キレイな姿勢に整えるために骨盤や背骨を中心に体の歪みを取っていきます。

【施術すると】

軽い猫背や重心のズレはこの段階で良くなってきます。

施術ポイント2 胸郭

【ココを施術する理由】

巻き肩や猫背が続くと胸郭が動かず呼吸が浅くなり様々な症状の要因となります。

【施術をすると】

巻き肩、猫背が改善し、背筋が伸びます。

【その結果】

深く息が吸えるようになります。

酸素供給量が増えることで顔色も良くなることが多いです。

施術ポイント③  内臓調整

【ココを施術する理由】

内臓の器である骨格の歪みに伴い内臓にも微妙な位置のズレや圧迫が起こることがあります。

 

もちろん病気ではありませんが骨盤の歪みから腰痛になるように、内臓にも機能低下や疲労といった問題がでることで慢性的な症状の原因となっていることが多いのです。

 

通常は骨格の調整と一緒に戻るのですがそうでない場合はソフトな調整を行っていきます。

 

施術ポイント④ 頸椎

【ココを施術する理由】

最重要部位です。

首の深いポイントのつまりや圧迫を取り除くことで自律神経に働きかけスムーズな切り替えができるようになっていきます。

起立性調節障害をはじめ不眠、頭痛、メマイなど様々な症状に影響を与えるポイントです。

【施術すると】

首の状態と症状がリンクするように良くなっていくケースが多くみられます。

 

施術ポイント⑤ 頭蓋

【ココを施術する理由】

特に上部頚椎との関連が強く首の調整で良くなることも多いのですが、起立性調節障害のお子様には必要であることが多く縫合(頭の骨のつなぎ目)の細かな余裕の調整を行います。

 

【施術すると】

良い状態の安定に寄与しています。

その結果、多くの起立性調節障害にお悩みの方を改善に向かうお手伝いを
させていただくことができました。

なぜ?松戸わくわく回復整体院が選ばれる4つの理由

理由1

痛みのない専門の手法で

 関節の歪みそのものに直接アプローチできるから

痛いところをさらに治療の痛みで我慢するのはイヤですよね。当院の矯正は脳の反応を使って自然治癒力を引き出すことで身体を根元から元気にしていく整体法です。

ゆらゆらと優しく体を揺らしたり矯正専用ベッドでの刺激の少ない手法で骨盤の歪み、ねじれを整え脳の反応にアプローチします。

理由2

★痛みの原因をとことん追究して施術方針を決めるから!

当院の施術は痛みが出ているところだけを見るのではなく問診、視診、触診、筋力検査、腱反射、整形外科的検査法など、必要な検査から痛みの原因を探すことから始まります。

理由3

★全身のバランスを毎回調整して、痛みの部位だけではなく根本改善に努めるから!

私たちの施術の目的は今の痛みをとることだけではなく痛くならない体を手に入れる事です。その為に毎回必ずお体全体のバランスのチェックと矯正を行います。

理由4

★待ち時間のない 予約制!時間を有効に使えるから!

お仕事やお子様のお世話、忙しい毎日の中では時間管理が大切ですね。

予約制の当院では、お待たせすることなく施術を受けていただけます。

カラダの専門家としてテレビや新聞、ネットでも紹介!

中~重症度の起立性調節障害の症状を取りきるには運動や投薬、生活習慣の改善だけでは難しいのが現状です。

それは一言で自律神経の問題といっても社会的ストレス等も含めた体の反応であるため症状の原因が複合的であることも大きな要因です。

早期解決に向けて家庭内での意識の共有や学校との連携など大切なことはたくさんありますが私たちは本来の身体が持っている「器の大きさ」を取り戻すことが最重要だと考えています。

当院には成長痛やスポーツ障害以外にも血管性紫斑病、アトピー性皮膚炎、夜間の脚の痛みなどで多くのお子様が来院します。

その多くが一見症状と関係ないように思える部位の施術であったり全身の姿勢がキレイに戻るタイミングで症状にも変化が現れてくるのです。

その子たち同様、未来を担うお子様が1日でも早く元気な姿で生活を楽しみ勉強や運動に打ち込めるよう松戸わくわく回復整体院は全力でサポートいたします。

一緒に悩みや痛みが無い当たり前の生活を取り戻しましょう。